お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

ポスティングでの腰痛と肩こりが辛い方へ簡単なストレッチ方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。熊本市東区にある妊活フルサポート整体の上見明日香です。

運動不足を解消しようと思い始められたポスティング(チラシ配り)のお仕事ですが、、、

思っている以上に過酷なお仕事だったようです。

 

地域誌も含めて配られるので、まずその地域誌にチラシを入れる作業を前日に600部くらいされます。

その次の日に配布作業になりますが、分厚いので、肩から下げ、左手に持ちという感じで配られるそうです。

夏は暑くて、熱中症になりかけます。

雨の日なんて、傘さして、チラシが濡れないようにタオルかぶせたり、、、

靴も長靴のため、だいぶん足の関節が硬くなっていました。

健康のために始めたポスティングが体に負担をかけ痛みの原因になっていました。

 

今日はそんなポスティングをしていて体が疲れて困っていたり、重労働での腰痛持ちの方や、赤ちゃんをずっと抱っこしている方などに向けて、ちょっとしたストレッチを書いてみました。

 

重いものを持つと腰にかかる負担が倍増するメカニズム

腰にかかる負担を現した図です。

ただ立っている状態を100としたら、寝ているほうがもちろん腰の負担は少ないですが、座っている姿勢が腰にかかる負担は大きいです。

中腰姿勢が腰痛の原因になると言われているように、中腰姿勢は、立っているときの、1.5倍の負担が腰にかかっています。

50キロの人が、立っているだけで50キロ腰に負担がかかり、中腰になると、75キロ腰に負担がかかり、座って前傾すると、92.5キロの負担が腰にかかります。

荷物なんてもっていたら、何百キロになるんでしょうね!

 

この腰にかかる負担を軽減してくれるのが、背骨の弯曲(わんきょく:曲がり方)です。

下の図のように、頸椎、胸椎、腰椎の弯曲(カーブ)があるので、体重をうまく分散できています。

 

弯曲²+1=衝撃吸収率という計算方法があります。

10がしっかり衝撃を吸収してくれるとしたら、1は全く吸収できません。

 

頸椎・胸椎・腰椎それぞれに弯曲があれば、3²+1=10で、体にかかる負担が100キロだとしてもうまく衝撃を吸収してくれるのです。

3つの内1つの弯曲がなくなれば、2²+1=5で、弯曲が一つ減ると、体にかかる負担は倍増してしまいます。

主に、ストレートネックの人は、頸椎に弯曲がなくまっすぐしているので、一つ弯曲がない状態ですので、体にかかる負担は大きいです。

 

という感じで、腰に負担がかかりやすい、姿勢や背骨の状態は理解できましたか?!

弯曲改善のための方法を一つ載せておきます!

 

四つ這いになります。顔は前をみて、肩甲骨と肩甲骨はひっつける感じです。

この姿勢で30秒キープします。背骨本来の弯曲を取り戻すことができます!

背骨の弯曲が改善されたら、力も出やすく、前屈など柔軟性もかわりますよ!

一日一回しましょう!

 

ポスティングによる肩や腰への影響

腰への負担のかかり方については少しご理解いただけたでしょうか?

次は、手を使うことでの腰への影響についてかいていきます。

ポスティングなど片手は長時間持つもう一方の片手は配るという動作は、すごく手に負担となります。

もちろん指先の筋肉から、肩回りの筋肉までオーバーワークで働きます。

その結果肩こりが起こりますが、ほとんどの方は胸の筋肉や力こぶの筋肉が原因となることが多いのでこちらのエクササイズをしてみましょう!

胸の付け根に手を置き、30秒揺らします。

力こぶに手をあて30秒揺らします。

 

そして、腰痛を訴える人の多くが腰方形筋の痛みです。

ここに負担がかかる原因は、手を使いすぎることで、手の筋肉がつかれてきます。

手の筋肉は肩甲骨周囲や肋骨にひっついているので、それらの筋肉が硬くなると、肩甲骨や肋骨の動きが少なくなります。

肩甲骨や肋骨が動きにくくなると、ねじる動きに支障がでてきます。

左右に体をねじることが難しくなるんですね!

そうなると負担がかかりだすのが、腰の筋肉なんです!

先ほどの腰方形筋は、肋骨から骨盤に引っ付くのでひねる動作では一番負担がきます!

 

では、エクササイズは、もちろん肩回りにします。

①わき下をつかみつらします。(30秒ほど)または、わきの下をグリグリ円を描くようにマッサージしてあげます。

 

②横向きになります。そこから手を大きく一周回します。

(背骨・肩甲骨・頭の骨などの統一した動きになります)

このとき、目は手を見ておきます。

そして、お尻は動かないようにします!

2~3周ゆっくり回してあげてください。

 

まとめ

ポスティングをしている人、子どもを抱っこしながら料理をしている人、重い荷物を運ぶ仕事をしている人たちは肩や腰に負担がかかりやすいです。

腰に負担がかかりやすい順番が、寝ている→立つ→座る姿勢でしたね!

また背骨の弯曲少なければ、衝撃吸収率も下がりますので、弯曲改善のエクササイズもされてください。

 

重いものを持った時の肩への負担軽減方法と、腰に負担がくる原因をかきました。

ぜひ参考にされてください!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です