お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

『妊活中に腰痛を治したい』ならサンダルやパンプスはダメ~解剖学的に解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!熊本市東区にある妊活フルサポート整体の上見明日香です。

 

 

私めちゃくちゃ腰痛で悩んでいるんです。履物が原因だと聞いたんですが、なぜですか??

妊活中に腰痛があるとよくないと聞いたし、妊娠すると腰痛悪化するというし、どうすればいいの??

めいさん

 

 

サンダルやパンプスをやめて、シューズにしなよ!!ナイキとかプーマとかあるじゃん!!

あげみ

 

そうだよね!!でもなぜなの??納得できるまで教えて~

めいさん

 

というご質問をいただいたので、

  • パンプスやサンダルが腰痛の原因
  • 腰痛の対策

この2点について説明していきますね!

 

腰痛の原因がパンプスとサンダル1,パンプス編

パンプスやヒールって本当に種類が豊富でかわいいですよね!でも、実は落とし穴があるんです。

 

パンプスやヒールによって、骨盤がずれてきます。その結果腰痛を引き起こします。

 

上の図を参考に、通常はニュートラルという真ん中のような骨格です。

 

これにヒールをはくと、図の左側のように前傾位といい、骨盤が前におじぎしたようなポジションになります。こうなると自然に、腰が反ってしまい腰痛の原因になりますね。

 

 

ちなみに、右図のようなポジションをとりやすいのは、若い細身の男性です。

 

ヒールを履いても、全く痛くない人もいるし、どういうことね?!

めいさん

めいちゃんのあたりが強くなってきた気がする・・・!!

 

違いは、腰骨と骨盤の角度です。2タイプあり、

  1. 骨盤が前に倒れているけど、腰はそれほど反ってない
  2. 骨盤が前に倒れて、腰も反っている

1は痛みがでます。2は痛みが出ないことが多いです。

 

どんなに反り腰でも痛くないピンヒールの女性は、それだけ骨盤と腰の反り具合が良い感じってことだよ!

あげみ

 

腰痛の原因がパンプスとサンダル1,パンプスの対策

腰痛がある人は基本的にパンプスはおすすめしません。

あげみ

 

それでもヒールを履かないといけない方は、ローヒールにするなど、ヒールの高さを低くしてください。インソールなどで調整するのも効果的ですよ!

 

腰痛の原因がパンプスとサンダル2,サンダル編

 

実はサンダルを履くことでの腰痛ってすごく多いんですよ!

あげみ

腰痛だけではなく、時に膝の痛みの原因となることもあるくらい、痛みの原因となっています。

 

先日のお話です。

 

25歳保育士さん、今年からパート勤務になり、保育室と給食室の両方を担当しているそうです。給食室の仕事は、すごく大きな鍋を抱えたり、体力的にもきついと言われていました。

 

『急に腰が痛くなり、眠れないくらい痛い、ぎっくり腰なのかなんなのかわからないけど、どうにかしてほしい』とのことでした。

 

 

体を評価してみると、足のつま先をあげる筋力がすごく弱っていました。つま先をあげる筋肉は前脛骨筋ゼンケイコツキンといいます。

 

なにかの理由で弱ってしまったんですが、どうしてでしょう??

 

つま先をあげる筋肉は、サンダルをはくと疲労し、弱くなります。

 

サンダルをはくと、足をあげたときに、下にサンダルが落ちそうになりますよね。それで歩くと、毎回毎回サンダルが抜けてしまいます。 
それでは歩けないので、前脛骨筋が働きサンダルを落とさないようにしているんです。
しかし、前脛骨筋も疲れてくるので、その内働けなくなります。
サンダルが抜けないようにサポートするのが腰の筋肉なんです

 

 

そして、その内、腰も悲鳴を上げて、腰痛になるわけです!!

 

この保育士さんも毎日サンダルを履いているとのことで、体の調整後、靴にかえたら痛みはでなくなったそうですよ!!

 

腰痛の原因がパンプスやサンダル2,サンダルの対策

 

サンダルをはくことをやめましょう!!

そして、前脛骨筋を鍛えましょう!!

(1)まずは、働きやすい筋肉にしてあげましょう。

前脛骨筋は、親指側から膝の外側に向かってついています。その方向に沿って、皮膚を下から上に向かってさすります。5回

これでうんと力がでますよ!!(笑)

あげみ

(2)次に働きやすくなったら鍛えましょう。

つま先上げを10回します。座って行って大丈夫です。もっと鍛えたいなら、ウォーキングしましょう(^^)/

 

まとめ

サンダルやパンプスでの腰痛はとっても多いです。

対策は、

  • つま先を上げる筋力を鍛える
  • サンダルやパンプスをやめる

この2点です。

 

昨日までの腰痛シリーズもあわせてお読みください!!

腰痛対策、股関節の筋肉を強化する簡単な3つの方法

腰痛対策 ウォーキングをしたあとにおこる腰痛の原因は?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です