お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

妊活中の旦那の食事は亜鉛がいい?男性の精子UPで妊娠できるの??

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。 熊本市東区にある授かる力、産む力を引き出す、妊活フルサポートをしている上見あすかです。

体質改善して自分の体はよくなったのに、旦那の体が気になるんです。

旦那は休みのたびに、ラーメン食べにいくし、食べに行かない日は朝からカップ麺食べることもあります。

食べることだけが唯一の楽しみの旦那だから、どうせなら体に良いもの食べさせたい、教えてあげみさーん。

めいさん

と妊活中の女性の方からご相談いただきました。

女性の方は、腰痛や肩こりもなくなり、生理痛も軽くなり、どんどん良くなっている!!!

一方、旦那さんの体は腰痛が出てきたり、ややぽっこりしてきたお腹・・・。

旦那さんの体の中が気になっている方は多いのではないのでしょうか?

今日の記事では、

  • 旦那さんに食べてほしいごはんのポイント5選

についてお伝えしていきます。

ぜひ、精子の質を高めて妊活卒業に向けて頑張りましょうね!!

 

亜鉛の他にもある、妊活中の旦那さんに食べてほしい栄養ごはんとは??

妊活の基本は食事のバランスです。
バランスよく栄養を取り入れることが大事です。

精子のもととなる細胞が精子になるまでに70~80日かかります。

なので、今の精子の状態は70~80日前の食べ物から作られているということになりますね。

食事のバランスを考えた上で、取り入れたい食材をお伝えしますね。

 

栄養のある食事1.亜鉛を含んだ食材で精子UP

セックスミネラルともいわれる『亜鉛』は、200種類もの酵素の働きを助けるミネラルです。

男性ホルモンの『テストステロン』を作ることを助ける働きや、精子の運動率を高める働きがあります。

亜鉛が多く含まれるのは、牡蠣カキ※1、牛肩ロース、豚レバー、カシュナッツ、パルメザンチーズなどです。

これを効率よく吸収するには、食べ合わせが重要なんです。

亜鉛の吸収をよくする食べ物

亜鉛を吸収しやすくする食べ物は、『動物性たんぱく質』『クエン酸』です。

動物性たんぱく質とは、肉、魚、乳製品、卵などです。

クエン酸は、レモン、シークワーサーなど柑橘類です。

亜鉛の吸収を阻害する食べ物

逆に、吸収を阻害するものが、『食品添加物』『アルコール』です。

『食品添加物』はインスタント食品や加工品です。

 

※1一度に2g以上の亜鉛を摂取すると、急性中毒を起こす可能性もありますので、注意が必要です。

成人男性が1日に亜鉛を摂取する量は、12㎎です。

牡蠣100gでこの量を超えてしまうので注意しましょう。

 

栄養のある食事2.ポリアミン(スペルミン)で不妊症を克服

ポリアミンは、新陳代謝を活性化し、老化を防止する役割があります。

ポリアミンは20種類以上あり、その中のスペルミンは、前立腺や精液中にたくさん存在します。

スペルミンは、体内でアルギニンなどのアミノ酸から作られますが、20代をピークに低下し、精力や精子の質にも影響します。

このような食材を食べるとよいでしょう。

肉(豚肉、鶏肉)、魚(鯖、カツオ、マグロ、白子、魚卵)、大豆製品(豆腐、納豆、味噌、きなこ、醤油)、キノコ類(しいたけ、マッシュルーム)、チーズなど

 

栄養のある食事3.クレアチンを含んだ食べ物で妊娠率UP

クレアチンは精子の運動性を高める働きがあります。

筋力や瞬発力を発揮するときのエネルギー源として使われます。

精子の運動性を高めることで卵子の元に届きやすくなります。

このような食材を食べるとよいでしょう。

豚肉、牛肉の赤身、まぐろなど(加熱で6割がなくなる)

 

ぜひ食べよう4.男性ホルモンを増やす食べ物

男性ホルモンの95%はテストステロンです。

精子を作ったり精力を増強させる働きがあります。

男性ホルモンは、肉体的にも精神的にも男らしさを引き出します。

ちなみに筋トレも男性ホルモンをUPさせますよ!!

このような食材を食べるとよいでしょう。

牛肉、豚肉、カツオ、大豆、卵、玉ねぎ、赤いぶどう、キャベツ、ザクロ、ニラ、ニンニク、山芋、大根、ニンジン、ネギなど

  • L-カルニチン:赤身に含まれ、精子の運動率や数を増やす。
  • セレン:魚に含まれ、抗酸化作用があり、精子の運動率や数を増やす。
  • セロリやにんじんなどセリ科の食物:男性ホルモンと似た働きがある
  • ボロン:赤い葡萄に含まれ、テストステロン値を高める。
  • ジインドリルメタン:キャベツなどアブラナ科の野菜に含まれ、ホルモン代謝に関わる。
  • ザクロ:テストステロン値を高め、抗酸化作用もある。
  • DHEA:山芋に含まれ、男性ホルモン値を高める。
  • ネギ:男性ホルモンのアンドロゲンを増やす。

 

栄養のある食事5,抗酸化作用のある食べ物で精子の活性化

男性ホルモンは活性酸素ストレスの影響を受けて、年齢と共にどんどん低下してます。

それを阻止するのが、抗酸化作用のある食べ物や、ストレスから解放されることです。

抗酸化作用のある食べ物

  • リコピン:トマト、すいか
  • シトルリン:すいか(白い部分)、きゅうり、うり、メロン(勃起障害にも効果的)
  • ビタミンE:アーモンドなどナッツ類
  • ビタミンC:柑橘類、イモ類
  • ビタミンB群:まぐろ、ホウレンソウ、レバー、牡蠣、豚肉など

ストレスをためない

ストレスと、男性ホルモン値は関係しています。

ストレス値が高いと、男性ホルモン値は低く、ストレスがないと男性ホルモン値は高くなります。

 

まとめ

妊活中の男性に食べてほしいご飯について書きました。

食事やストレスにより、性欲や精子の質がかわってきます。

食べたほうがよい食材は、

  • 亜鉛を含む食材
  • ポリアミンを含む食材
  • クレアチンを含む食材
  • 男性ホルモンを高める食材
  • 抗酸化作用のある食べ物

とにかく、バランスが大事です。

控えたほうが良い食材は、インスタントや加工品です。

また、ストレスが、男性ホルモン値を下げることにもつながります。

無理な食事制限ばかりでは、旦那さんもストレスがたまり、男性ホルモン値が下がってしまいます。

なので、ある程度気を付けながら、楽しく食事できたらよいですね。

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です