お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

不妊の原因の一つ『冷え』妊活中に基礎体温を上げる温活のおすすめの方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

熊本市東区で授かる力、産む力の妊活フルサポートをしている上見あすかです。

体の冷えが不妊の原因と聞いたけど、どうしたら体温ってあがるの??教えてあげみさーん。

めいさん

とご質問いただきました。

 

このように体温が低いと、体の中では、

  • 体に老廃物がたまりやすい
  • 血液や体液の循環が悪い
  • 免疫力が下がる

これを例えるなら、体温が低くなると沼地体温が高くなると沖縄の海という感じです。

 

 

その結果でてくる症状は、

  • 不妊症
  • 花粉症などのアレルギー
  • 肩こりや腰痛などの痛み
  • 癌などの病気

ひどくなると、病気になってしまいます。

 

低体温を改善すると、上記の症状と共に、

  • 基礎代謝があがり、太りにくい
  • 新陳代謝があがるので、老化防止に
  • 内臓脂肪の解消
  • 腸が活発になり、便秘や不妊が改善する
  • 脳の血流がよくなるので、ホルモンバランスや自律神経系が整う

これは、体温をあげずにはいられませんね。

今日は、

  • 体温が低いとよくない理由
  • 体温を上げる方法

この2点についてお伝えしていきます。

 

これで冷えを解消!不妊を解決!!妊活中に体温上げる温活のおすすめ方法

平均体温は、36.5~37.1℃で、36℃以下を低体温と呼んでいます。

女性は、男性に比べて筋肉量が少なく、脂肪が多いため、基礎代謝は低く体温は低めです。

女性は、血流が悪くなると女性ホルモンバランスが悪くなります。

なので、不妊症や婦人科系の症状が出やすくなります。

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

体温が低いと不妊のもとに!排卵や周期の乱れも出てくるよ!

  1. 血液や体液の循環が悪い
  2. 体に老廃物がたまりやすい
  3. 免疫力がさがる

この3点が起こった結果、排卵障害や生理周期の乱れがおこってきます。

 

1.血液や体液の循環が悪い

体温が高いと、血液や体液の循環が良くなります。

血液は、体中の細胞に酸素や栄養いろいろな所に運びます。

体温が下がることで、血管は収縮し、血もドロドロになります。

そうなると、全身に血液を送りずらくなります。

その結果、体が栄養不足や酸素不足に陥ります。

 

また、体液は、脳からの指令を伝えたり、内臓の状態を脳へ伝える役割があります。

もし、脳からの指令がうまく卵巣へ伝わらなかったら、排卵障害が起こる可能性だってありますね。

 

2.体に老廃物がたまりやすい

血液は、体中の細胞に酸素や栄養をいろいろな所に運びましたね。

そのかわりに、体のいらなくなった老廃物を持ち帰る働きがあります。

 

体の循環が悪くなると、老廃物がどんどん体内にたまっていきます。

本来排出するはずの老廃物がたまると、酸化してしまいます。

酸化すると、さびます。

体がさびると、細胞が壊れやすかったり、病気になったりします。

 

プルプル元気な受精卵か、それとも変性して生命力を感じることができない受精卵かの違いはこういうところにあると思っています。

 

3.免疫機能が弱くなる

体温が1℃かわるだけで、免疫力に変化がでます。

体温が1℃下がると、免疫力が30%低下します。

逆に1℃あがると免疫が5~6倍UPします。

体温次第で、ウィルス感染や細菌感染しやすくなるということです。

 

温活して基礎体温をあげて、不妊症を克服する方法!!

ここから、体温をあげていく方法をお伝えしていきますね。

日ごろから甘いものや冷たいものなど体を冷やす食べ物を控える

お菓子やジュース、冷たい水、氷などから、ナッツ類、ふかした芋、白湯などへ変えてみましょう。

体をあたため、血流をよくする効果のある食べ物、血液サラサラにする食べ物を食べる

根菜類や、北国の食べ物をとるようにしましょう。

たんぱく質やミネラルやビタミンなどバランスよく食べる

肉、魚、卵、大豆製品などのたんぱく質や、海藻や貝類などのミネラル、豚肉やかんきつ類などのビタミンなどバランスよく食べましょう。

加工食品やインスタント食品はなるべく控える

カップラーメンやハムやウインナーなどの加工食品は控えめにしましょう。

 

まとめ

体温が低いと、以下の3つのような体内環境になります。

  • 体に老廃物がたまりやすい
  • 血液や体液の循環が悪い
  • 免疫力が下がる
これを改善すると、

新陳代謝があがるので、老化防止になる

  • 内臓脂肪の解消
  • 腸が活発になり、便秘や不妊が改善する
  • 脳の血流がよくなるので、ホルモンバランスや自律神経系が整う
体温をあげるために気を付けること

  • 日ごろから甘いものや冷たいものなど体を冷やす食べ物を控える
  • 体をあたため、血流をよくする効果のある食べ物、血液サラサラにする食べ物を食べる
  • たんぱく質やミネラルやビタミンなどバランスよく食べる
  • 加工食品やインスタント食品はなるべく控える

【不妊症の大敵冷え】私が体験してみておすすめしたい4つの改善方法あわせてご覧ください!!

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です