お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

【35歳からの妊活体験談4】妊活中なのにセックスレス、心のブロック2

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。熊本市東区にある脳科学と体の仕組みから妊活をフルサポートする上見あすかです。

今回も前回からの35歳からの妊活体験談4話目になります。

 

今回は、妊活中にセックスレス、その真相が明らかに!!!

今の旦那さんとも性行為についてとことん悩まれた苦悩、そこから気づかれたことなど赤裸々に語られています。

 

前回の続きになりますので【35歳からの妊活体験談3】妊活中のセックスレス、前回の離婚が原因?こちらの記事からお読みいただくことをおすすめします。

 

妊活中のセックスレスの真相が明らかに!!

 

元夫に「セックスレスだ」と言われたことは非常に傷つきましたし、離婚後も何がいけなかったのかと自分なりにその原因を考えていました。

 

当時自分で考えた原因
  1. 仕事がハードで、生活時間が合わない環境だったから
  2. ムードもなくて無理矢理やられている感じだったから
  3. 夫のことが本当に好きだったのだろうか

 

1)仕事がハードで、生活時間が合わない環境だったから

原因の1つ目に関しては、実際それを改善することなく別れてしまったので、環境を変えたらどうだったのかは分かりませんが、もし、それができたとしても、私は受け入れられただろうかと疑問が残りました。

 

2)ムードもなくて無理矢理やられている感じだったから

2つ目に関しては、本人に、「もう少しムードとかそういうことも気にしてほしい」と話したことはありましたが、「お前の方がアダルトビデオでも見て勉強しろ」と返り討ちに合いました。

 

実際試してみようとしましたが、仕事以外で男性の裸を見るのは抵抗があり、断念しました。

 

3)夫のことが本当に好きだったのだろうか

3つ目について、当時は元夫のことは好きだったと思います。こんなことがなければ一緒に過ごした時間はとても楽しかったので、その気持ちに嘘はありません。

 

ただ、男性の裸を見るのが怖い、嫌だと思ったり、セックスが苦痛に感じるということから、「私、本当は女の人の方が好きなのかな?」と考えたこともありました。

 

これは女性に対して恋愛感情が湧かないので「違うな」となりましたが、当時は真剣に考えていました。

 

セックスレスの経験で、どんどん自信を失ってしまう

 

原因は分からないまま、このセックスレスの経験で私は様々なことで自信が持てなくなり、自分を責めるようになっていきました

 

仕事でも、自分が原因で起こったことでなくても「私のせいだ」と思い込み、いつも「ごめんね」「すみません」と謝っったり、自分の意見を言うことを躊躇うようになり、自分でも分かるくらいに後輩たちにはなめられていたと思います。

 

友人やその後出会う現在の夫には、すぐに謝るので、「何でそこで謝るの?『ありがとう』でしょう」などと笑われていました。

 

大好きな主人と付き合うも、性行為になると拒否的な自分・・・

 

今の主人と出会った頃、始めは全く恋愛感情はありませんでしたし、おもしろい人、一緒にいると楽しいなというくらいの存在でした。

 

それでも、毎日のように連絡を取り合ったり、会っているうちに好きになり、お付き合いを始めました。

 

出会った時に主人には、私に離婚経験があることは話していたので、何度か離婚原因を聞かれたことがあったのですが、原因は一つではないし、「元夫からはセックスレスだと言われた」などとは言えず、何となくその話題は避けてきました。

 

相手が変われば普通にセックスできるのかというと、そんなことはあるわけがなく、結婚後は早く子どもがほしいと、主人は「毎日やろう!」くらいの勢いだったのですが、私の方が、「眠い」「疲れた」などと理由をつけては断っていました。

 

しかし、一方で私は、主人の希望に添えない自分を責め、いきなり泣き出すということを繰り返していました

 

こんな情緒不安定な私のことも、主人は責めることなく、根気強く誘ってくれましたし、解決策を考えてくれようとしました。

 

そのお陰もあって、このことを抜きにすれば、仲良く生活してきましたが、このままでは子どもを設けることは難しいのではないかという不安が主人にはあったようです

 

今では、もっと早くに夫婦の問題として2人で考えたり、話し合えば良かったのかなと思いますが、つい最近まで理由は分からなかったけれど、自分に何らかの問題があるのではないかと思っていました。

 

なので、自己啓発本や、自己肯定感を上げるというような本を読んだりして自分を変えることでこれを打開しようとしていました。

 

これらのことが性行為に対するブロックになっているということや、不妊に繋がっているということには全く気づきませんでした。

 

過去の自分の経験が性行為のブロックになっていたことに気づく

 

そして、このようにして、過去の何が原因でこうなっているのかを振り返っているうちに、元夫の暴力や言葉の暴力だけがブロックになっているのではないことに最近気付きました

 

両親との関係や子どもの頃に受けた性的虐待

 

自分では忘れていたり、このことがブロックになっていたとは思いもしませんでした。

 

本を読んだり、誰かに相談してもしっくりこなかったこの自分の中にある違和感が原因なのかもしれないと考えるようになってからは心が軽くなってきました。

 

まとめ・・・妊活中のセックスレスの原因は、心のブロックだった

 

セックスレスの原因は、

  • 元夫とのセックスレスや暴言
  • 幼いころの性虐待(痴漢や変質者)
  • 親からのしつけ

 

このように、幼いころの経験や、深く傷ついた経験が自信のなさや、セックスレスに繋がっていくんですね。

 

今では、そのことに気づかれ、すごく前向きに妊活に励んでいらっしゃいます。

 

妊活体験談シリーズを読んでいない方はこちらもぜひ読まれてください。

『妊活体験談①』35歳からの妊活、徳之島(子宝島)へ移住も妊娠しない…

【35歳からの妊活体験談2】徳之島の病院で不妊検査から人工授精へ!

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です