お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

【35歳からの妊活体験談3】妊活中のセックスレス、前回の離婚が原因?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。熊本市東区にある脳科学と体から妊活フルサポートをしている上見明日香です。

 

今回は実際の妊活体験談の3話目『妊活中の性行為』です。

 

妊活中なのにセックスレス、性行為が苦痛だと思われている妊活女性は多いのではないでしょうか?

 

体験談を書かれた女性も同じように、性行為が苦痛でした。その原因を解明していくと、離婚した夫だということに気づかれました。今日はその前半、離婚に至るまでの話になります。

 

もし、今困っている方がいたら、なにかヒントになれば幸いです。

 

妊活中にセックスレス?!その理由は、離婚?!

 

妊活中、夫が非協力的というようなことをよく耳にしたり、記事を読んだりすることがあります。

 

うちの場合は、主人の方が積極的で、

「そろそろ排卵日じゃないの?」「疲れたとか言ってる場合じゃないよ」などと私を誘ってくるのですが、それが私には苦痛で仕方ありませんでした

めいさん

朝から主人に「今晩は頑張るよ」と言われると、自分では気づいていませんでしたが、顔が強ばっていたそうです。

 

私たち夫婦の夫婦仲は、良い方だと思います。夫は優しいし、思いやりがあり、私がどこかへ行くというと、どこへでも付いてくるような関係で、いつも2人で行動してきました。

 

2人でいるときはイチャイチャすることもありますし、周りからも、「いつまでたっても新婚さんみたいな夫婦だ」と言われるほどです。

 

私自身も主人のことは大好きですし、この人と一緒になれたことを幸せだと思っています。だからこそ、なぜこんなにセックスが苦痛なのか、自分でも相当悩んできました。

 

セックスが苦痛。その理由は離婚かもしれない?!

 

一つの大きな理由は1度目の結婚ではないかと思います。20代の頃私は1度目の結婚をしました。

 

相手の方とは知り合って半年で結婚するというスピード結婚でした。

 

相手の方は飲食店を経営していて、夕方から夜中までお店を営業し、私は看護師として病院勤務をしていたので、2交代勤務(日勤8:30~17:00 当直16:30~翌朝9:00まで)で生活時間が全く合いませんでした

 

ちゃんと顔をつきあわせて食事を取るなんてことも、結婚生活5年の間で何回合っただろうかと思うくらいです。

めいさん

 

時間があわず、セックスを拒む日々、段々旦那がヒートアップしてくる

 

こんな生活時間が全く異なる夫婦だったので、夜中に帰ってきた当時の夫に誘われても、「無理」とか、私が夜勤明けで帰ってきた日は「今日は疲れてる」と断ることが多々ありました。

 

その為か、「させるのが嫁の務めだろう」とか、夜勤明けで帰ってきて昼寝していると、「大した仕事もしてないくせに『疲れた、疲れた』って昼間っから寝とっただろう」と怒鳴られることがありました。

 

このままではいけないと思い、私が仕事を辞めることを提案したこともあったのですが、それは絶対に許されませんでした。

めいさん

 

こんな風に何か解決策を話し合いたいと思っても、いつも頭ごなしに否定され、喧嘩になるといつも「離婚」を切り出されるので、私は段々と自分の意見が言えなくなっていきました。

 

私にとってセックスはますます苦痛になっていきました。

めいさん

 

夫は無理矢理にでも試みようとするけれど、私の身体が拒否しているので上手くできない

夫はまた怒り出し「セックスレスだ」「お前のせいだ」と言い続け、私は怒鳴られるという繰り返し

隠れて出会い系サイトや別れた元カノと会ったりしていた…

 

セックスレスは私のせいなんだ・・・ダメな自分。。。

 

思い切って友達にも相談しましたが、「好きな人と何でできないの?好きな人ならすべてが愛おしいものじゃない?」「○○ちゃん(私)がわがままなんじゃない?」などという厳しい意見もありました。

 

私がおかしいんだろうかと益々悩み、カウンセラーの元へ相談に行ったこともありました。

 

そのカウンセラーさんはよく話を聞いてくれて、安心はできましたが、「アダルトチルドレンではないか」と指摘され、しっくりこないような気がして行くのを止めました。

 

セックスレスから、体が病んでいく

 

私は段々身体まで病んでいきました。

めいさん

 

顔の皮膚がめくれて真っ赤になり、化粧水をつけるのもヒリヒリと痛み、吹き出物が顔中いっぱいできました。皮膚科を受診すると脂漏性湿疹と診断されました。

 

これには離婚後も数年間は完治せず、病院通いを余儀なくされました。

 

また、胃潰瘍にもなって、体重も減りました。夜は眠れないし、食欲もなくなり、現在より15kgくらい痩せていたと思います。

 

たまに会っていた両親も、みるみる痩せて、やつれていく私を見て、母は円形脱毛症になっていました。

 

そのころ母に、「結婚って大変だけど、楽しいこともあるはずよ。今のあなたはちっとも幸せそうに見えないけど大丈夫?」と言われたことがありました。

 

この頃のことは今思い出してもとても辛いです。

めいさん

 

それでも私は離婚だけはしたくなくて、なんとか踏ん張っていました。

 

しかし、次第に、夫は自宅にも帰って来なくなりました

 

たまに帰ってきても、ベッドで寝ている私を蹴ってベッドから落としたり、

 

「もう、お前と話してもらちがあかないから、直接お前の実家に行ってくる」と言って、私の実家の両親に、「もういらないから返す」というようなことを言ったそうです。

 

実家の両親の説得もあり、夫婦関係が破綻していることは自覚していたので、結婚から5年で離婚することになりました。

 

離婚後も自分を責め続け、私の何かがおかしいのではないかとずっと悩んできました。

 

まとめ

 

優しくて、おもいやりがある大好きな旦那なのに、性行為になると、違和感が出てきてしまっていました。なぜ自分は・・・という気持ちでいっぱいでした。

 

そこで、浮かんできたのが元旦那との関係でした。

 

もともと生活環境も違い、時間もあわず、どんどんすれ違いからセックスレスに、それがどんどん旦那がヒートアップし、暴力的になります。

 

友人に相談したり、カウンセリングをしてもなかなか解決せず、とうとう離婚することに。

 

続きは4話目でお伝えしますね!

 

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です