お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

ストレスが肩こりや頭痛の原因になるのはなぜ?その解決法とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!肩こりでお悩みのママのための女性整体師アゲミアスカです!

辛い肩こりや頭痛でお困りではありませんか?

 

どこへ行っても治らない、なにをしても治らない辛い肩こり・・・

なぜ治らないの???

めいさん

 

実はストレスが原因かもしれません。

えっ??なぜストレスが???

どう繋がるの!?

めいさん

 

ストレスがかかると、内臓のに負担がかかります。

胃と肩こり・頭痛の関係性についてお伝えしていきます。

 

ストレスが肩こりや頭痛の原因になるのはなぜ?

ストレスを感じてしまうと、どうしても体にダメージを受けます。

もちろん、ストレスというのは、人それぞれの捉え方の違いで、ストレスと感じるかどうかですが。。

例えば、職場で上司に怒られることをストレスと感じる人もいれば、成長の過程だと喜んでご指導いただく人と様々です。

私は、すっごくストレスと感じる方だったので、すごく胃が痛かったです。

 

そうです、ストレスが胃に負担をかけるというのは有名な話で、ストレスを受けやすい臓器は、

  • 脾臓(ひぞう)
  • 胸腺(きょうせん)

があります。

 

ストレスって内臓に負担がかかります。

ストレスがかかる臓器は、食べ物の消化吸収に関係する消化器系体を守る免疫系の臓器と関連しています。

その中でも今日は胃について書いていきます。

 

胃って肩こりや頭痛と関係する筋肉と繋がっているんです!

は、食べ物を消化していくところですが、ストレスの影響をすごく受ける臓器です。

胃が弱ってくると、ムカムカしたり、胃が痛かったり、口内炎などの症状、肩こりが起こります。

胃と関連している筋肉の一つに肩こりの筋肉でもある肩甲挙筋(けんこうきょきん)という筋肉があります。

 

この筋肉が働かなくなることで、この周りにつく僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉に負担がきて、肩こりとなります。

首が痛い、肩が痛い、肩甲骨の内側が痛いといわれるところは、この僧帽筋です。

そして肩こりから頭痛に繋がっていくのです。

ということは、肩こりを解消するために、痛みがある僧帽筋をマッサージするのではなくて、原因の胃を元気にして肩甲挙筋を働かせていく必要があります!

 

内臓が原因の肩こりの対策・エクササイズ

内臓って難しいと思われがちですが、ビックリするほど簡単なエクササイズになります。

最近胃がムカムカするとか、口内炎ができている、胃が痛いという症状がある人は、胃が弱っているサインです。

胃のエクササイズをしましょう!(動画をご参考にされてください)

胃のエクササイズをするのは基本的にいつでもよいですが、食べた直後はさけましょう!

 

(1)胃はへそとみぞおちの間です。

(2)そこに手を置き、20回肘をパタパタします。

(3)以上です。簡単です!(笑)

胃が疲れているときは胃を休める

次に大事なことが、胃が疲れているときは、胃を休めることを意識してください。

特に、食欲がないとか、お腹すいていないときは食べるべきか、食べないべきか?!

と言われますが、内臓が疲れると、体はもう働きたくないから食べ物をいれないで!

という気持ちになっています。

ですので、こういうときは、なるべく食べ物を食べないとか、消化に良いものを少し食べるようにしてください!

日本人の食事の習慣は3食バランスよくと言われますが、はたして、100人いたら、100人がそれで健康になれると思いますか?

私はそうとは思いません。

なぜなら胃は、食事が入ってくると、欲しくなくても消化し働かないといけません。

そうなるとさらに疲れて胃を痛めるという悪循環に入ります。

 

食生活も、生活習慣もすべて違うし、体の内面の働きも違うので、一人ひとりに適した生活設計をしていくことが一番よい食事法です。

たまには食事も抜きつつ、胃を休めてあげることも、肩こり解消には必要なことなんです!

私の食べ方は、お腹がすいたら食べる。食べていなかったら抜かす。という感じで3食食べる時もあれば、2食のときもあります。でもそれで肩こり改善しましたよ!!!

 

まとめ

ストレスから肩こりや頭痛になる原因は、内臓の疲れです。

ストレスの影響を直接受ける臓器は胃です。

胃が弱りだすと、肩こりの筋肉と関連していますので、肩が凝りだします。

他にも、胃が痛くなったり、ムカムカしたり、口内炎など口に症状がでているときは胃が疲れているサインです。

こういうときは、胃のエクササイズをしたり、食事を減らし胃を休める時間を作ってあげてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です