お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

不妊の大敵冷えを改善して妊娠したい!!血を増やすことの効果や理由は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

 

今まで妊活してきけど、妊娠しない・・・人工授精へステップアップしたのに、どうしてもリセットしてしまう、やっぱり冷えが原因なのかも!冷えの対策教えて、あげみさーん

めいさん

 

妊活のために頑張ってこられたんですね!!頑張ってきたのに、リセットしてしまい、悲しくなりますね。

でも、不妊で悩む女性の多くに『冷え』を訴えられる女性は本当に多いです。そこを改善していくと、妊娠できるかもしれませんね!!

あげみ

 

今日の記事では、

  • 冷えと不妊の関係とは?
  • 冷え対策のポイント

についてお伝えしていきますね!

 

食生活を見直して血を増やそう!!

 

冷えが不妊症と関係している理由は、血流不足です。どちらかというと先に血が足りなくなり、冷えを起こします!!

 

体の血流不足がおこる
体の隅々に血液を届けることができない
体の60兆個の細胞に栄養や酸素を届けることができない、体の二酸化炭素や排泄物を外へだせない
体が冷える、だるい、きついなどの症状がでる

 

体が熱を生成できず、どんどん冷えていきます。

 

その結果におこる症状が、

むくむ、太る、だるい、冷える、肩こり、頭痛、腰痛、生理痛、生理不順、不妊、様々な病気

 

女性は無理なダイエットや生理などで、約9割くらいの女性が血液検査では問題ないが、血が足りてないです。

あげみ

 

胃腸の状態を良くする

 

血を作るのは、骨髄という場所で、骨の中で造られます。そこで、造られた血液は、毎日全身に送られます。血の原料は、たんぱく質と、鉄と水分です。

 

そこで私たちが取り組むことは、

  • 食べものを消化し、吸収する臓器は胃腸。なので、胃腸が良い状態であること
  • たんぱく質や鉄分など血のもととなるものを摂取する

この2点です。

 

胃腸の状態をよくするためには、一番は働きすぎている胃腸を休めることが重要です。

 

1日3食食べて、間食まで食べている人は、胃腸がフル回転しています。胃腸が疲れてくると、消化吸収がしにくくなります

 

消化吸収ができないまま、次の食材が体に入ってくると、残った食材が腐敗し、腸の粘膜を弱らせます。

 

血の原料となる栄養素が吸収されないので、血は作られず血流不足に陥ります。

 

夜だけ断食したり、なるべく小食にするなど工夫しましょう。

 

タンパク質や鉄分を摂取する

 

胃腸が休まれば、次はたんぱく質や鉄分を取ることを心がけます

 

体中がたんぱく質でできているように、たんぱく質は必須の食べ物になります。

 

ヘム鉄といわれる動物性のたんぱく質を摂取すると、たんぱく質と鉄の両方を吸収することになります

 

レバーや肉の赤身や魚などを取りましょう。

 

しかし、分解吸収される際に、必ず必須になるのがビタミンになります。なので、偏ることなく食べていくことが重要です。

 

砂糖(甘いもの)を控える

 

砂糖は体を冷やしますので、甘いものを控えめにするということがとっても大事です。甘いフルーツも果糖ですので、食べすぎは注意が必要です。

えっ?ならおやつは何食べてるの??

めいさん

あまり参考にならないかもしれませんが、載せておきますね(笑)

  • ヨーグルト
  • 果物
  • アーモンドなどナッツ
  • ドライフルーツ
  • 焼き芋
  • おにぎりとか

あまり参考になりませんね!!(笑)

あげみ

 

温かい飲み物

 

季節関係なく、白湯おススメです。ハーブティーやルイボスティーは人によって、合う人、合わない人がいるので注意が必要です。

 

ただ、飲みすぎも注意が必要です。『2リットル飲むと良い』と聞いたことがあるかもしれませんが、それは間違いです。

 

私のサロンで検査をすると、一般的な人でだいたい1000~1500mlくらいが適量でした。

 

水分が多すぎるとむくみの原因になりますので、注意してください。

 

※昨日、妊活用にすすめられたハーブティーを1週間やめてもらったら、夜中トイレへいかなくなったそうです。

夜トイレへいき、熟睡できない人は意外に飲み物が原因かもしれませんね( ;∀;)

めいさん

 

生活を見直して血を増やそう!

 

冷えの根本的な原因は生活の中にもあります。では、見ていきましょう。

 

適度な運動

 

運動することで、あたたかくなります。運動すると、体温をあげたり、呼吸をたくさんしたり、汗が出たり・・・これって、自律神経が鍛えられているんです。

 

自律神経には、頑張る神経と、リラックスする神経の2つがあります。体の状態が良いと、2つの自律神経とも鍛えられるんです!

 

自律神経が鍛えられると、全身の循環が良くなってきます。

 

【運動の種類】

  • 軽いウォーキング(最初は5分とかからOK)
  • 軽いウォーキングに慣れてきたら少し早歩きをしましょう!(約30分以内)
  • スイミング(はじめは結構きついです。25M泳げないかも~)

というような感じで、簡単にできる有酸素運動から取り入れてみましょう。

 

もちろん、筋トレでも良いですが、筋トレすると劇的に痛みに繋がる人はやめたがいいです。

私もあわないので、筋トレではなく、軽いウォーキングにしてます!

あげみ

 

もっとできそうと思う前にやめましょう!!

買い物へ行く時に車を使わず自転車や歩いていくのも良いです!!

 

ただ、腰痛や頭痛など痛みがある人はおすすめしません。歪んでいる体で運動しても、結局は痛みがあるところに負担がかかってきて、自律神経も鍛えられません

 

まとめ:不妊の大敵『冷え』を改善して妊娠しよう!!

 

冷えてしまう理由は、血液不足が一番大きな原因です。

 

血を作るために、

  • 胃腸を休ませる(プチ断食や小食など)
  • レバーや肉の赤身、魚など、血の原料となるたんぱく質や鉄を取る

 

生活では、

  • 運動する
  • 温かいものを飲む
  • 甘いものを控える

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です