お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

不妊治療で着床しないのはなぜ?病院での治療と自分でやるべきこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。熊本市東区にある妊活フルサポート整体の上見あすかです。

 

あなたは、体外受精を何度もするけど着床しない、病院では原因不明だと言われるけど、どうしたらいいんだろうとお悩みではありませんか??

 

何度も治療するのに、上手くいかないって、本当にお辛い状況だと思います。医師も原因不明の場合、『ふかふかの子宮ではないから』と言われるそうですね。

 

今日は、着床障害の原因がある場合の病院での対策と、原因がない場合の自分でできる対策について書いていきたいと思います。

 

着床障害で原因がある場合の医学的治療法

着床障害では、胚の染色体異常による場合と、子宮側に原因がある場合があります。胚の染色体異常の場合、着床前スクリーニングによる検証が進められています。

 

着床障害で、子宮に問題がある4つの場合

子宮側の原因と治療が解明されているのは、以下の4点です。

 

1)子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、卵管留水腫、子宮腺筋症、子宮内腔癒着、子宮形態異常

⇒子宮に異常がある場合、状態や大きさによって薬物療法や手術が適応されます。

 

2)抗リン脂質抗体症候群(APS)※1、凝固能異常※2

⇒不育症の場合に、この検査を行われます。しかし、流産経験がない方や不育症ではない方も調べると、血液が固まりやすい人も多いようです。薬による抗凝固療法が行われます。

 

※1 APS:自己免疫疾患の一つ、自己抗体ができ、全身の血液が固まりやすくなる。胎盤(絨毛)の発育障害や胎盤に血栓ができ、習慣性流産や早産、死産の原因にもなっている。

※2 胎盤内で血栓ができ、流産や早産など不育症の原因や、妊娠中毒症、胎盤の早期剥離、胎児の発育遅延の危険因子となる。

 

3)自己免疫抗体異常(抗核抗体、抗精子抗体、抗リン脂質抗体症候群)

外からウイルスが入ってきたときに、体を守る免疫抗体とは違い、自己抗体とは『自分の体を攻撃してしまう』抗体を言い、『自己免疫疾患』と呼ばれています。

 

抗核抗体の場合:細胞の中心にある核(DNA)を攻撃してしまうこと。

抗精子抗体:精子を攻撃して、卵子との受精を妨げる免疫による不妊症をおこしています。子宮頸管粘液〜子宮腔内〜卵管液、さらには卵胞液などの体液にも抗体は存在しています。

⇒免疫療法、漢方などで治療します。

 

4)ホルモン異常(高プロラクチン血症※1、甲状腺機能異常※2、黄体機能不全※3)

⇒ホルモン治療を行います。

 

※1高プロラクチン血症:プロラクチンというホルモンが、脳や薬の影響で、高くなることを言います。プロラクチンは、本来出産後の授乳分泌の際にでるホルモンですが、出産とは関係ないときに高くなり、授乳分泌や月経不順、不妊に繋がっています。

 

※2甲状腺はホルモンと関係する臓器で、新陳代謝を促す成長ホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンが少なくなると、胎児の成長、妊娠の継続が難しくなり、流産の原因になります。

※3黄体機能不全:排卵後、プロゲステロンというホルモンで高温期となりますが、高温期が10日未満であれば、黄体機能不全の可能性が高くなります。

 

着床障害、病院でも原因がわからないなら、フカフカの子宮作りをしよう

では、次に、着床障害で病院でも原因を調べたけど、原因が見つからない場合は、フカフカの子宮作りなど体質改善が友好的です。

体質改善をすることで、全身の血流が良くなるので、子宮にしっかり、酸素や栄養を運ぶことができて、子宮がふかふかになるからです。では詳しく見ていきましょう。

 

フカフカの子宮にならない理由

1)子宮に栄養がいかない

2)子宮が硬くなっている

この2点絞って自然治癒力の観点からお伝えしていきたいと思います。

 

子宮に栄養がいかない

  • 血液の量が少ないから

血液によって、酸素と栄養を子宮に運びます。しかし、女性の場合月経もあり、体の血液量が少ないと言われています。血液不足の状態で、全身へ血液を送ることは不可能です。

 

  • 血液を増やすには

1)まず、空腹な時間を増やすことです。空腹な時間を作ることで、胃腸が休まります。胃腸が休まると、食べ物の消化吸収がうまくいくからです。

 

2)睡眠をとることにより、血を作られるからです。漢方で言う陰陽が入れ替わる時間が、午前0時を挟んだ前後2時間と言われています。この時間にぐっすり寝ることで、血液が作られます。

 

3)血液の原料はたんぱく質とミネラルの鉄です。特に、ヘム鉄と言われる動物性のものがよく、肉や魚を食べると良いです。また、鉄の吸収にビタミンCも欠かせませんので、摂取されることをおすすめしています。

 

子宮が硬くなっている原因

  • 血流不足

体がゆがんでいることで、十分に子宮に血液を送ることができていないことで、子宮は硬くなります。また、ゆがみにより、一番下の臓器である子宮が圧迫されてしまい硬くなってしまいます。

 

対策として、体のゆがみをなくすと子宮が柔らかくなります。

 

子宮が一番硬くなる原因の一つ、1日3食食べることで胃が下がり、子宮を圧迫してしまいます。この場合は、症状として、生理痛や肩こりが併発していることが多く見受けられます。

 

胃は、エクササイズにより良い位置まで戻ってくれます。下腹の下から、お腹をぐいぐいあげてあげる動作をやってみましょう。胃の位置が正常になるだけでも子宮の硬さはとれてきますよ!!

また、食べ過ぎに注意しましょう。1日3食ではなく、お腹がすいていたら食べることを意識すると、意外に今の食生活は食べ過ぎかもしれませんね!!

 

まとめ

着床障害の原因は、病院で原因が特定でき検査や薬があるものと、特定できないものがあります。

特に、原因不明の場合は、血液を増やすことや、血が流れる体作りをすることをからやってみましょう。

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です