お気軽にお問い合わせください!

妊活が辛い、本当は楽しく妊活したい方におすすめ

甘いものの食べすぎが不妊の原因!?妊活中にスイーツを減らす方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。熊本市東区にある妊活フルサポート整体の上見あすかです。

『甘いものの食べすぎが不妊の原因なの??』

めいさん

とお悩みではありませんか??

甘いものは、とっても体を冷やします。また腸内環境悪化にもつながるので、不妊症の原因にもなりかねません。

あげみ

もし、それに気づき、

『甘いものがないと生きていけない私が、無理なく減らせる方法』

を知りたい!!

と思っていただけたなら、ぜひこの方法を試してください(^_-)-☆

今日の記事では、

  • 甘いものの食べすぎが不妊症の原因になる理由
  • 甘いものを無理なく減らしていく方法

この2点についてお伝えしていきます。

 

妊活女性は注意!!甘いものの食べすぎが不妊の原因??

甘いものの食べすぎが不妊の原因と考えられるのは、

  • 体を冷やすから
  • 腸内環境悪化するから

この2点です。

では、具体的に見ていきましょう。

甘いものがよくない理由1)体を冷やすから

体を冷やす原因も、

  • 低血糖値による体の冷え
  • ビタミンB不足による体の冷え
  • 自律神経の乱れによる冷え

この3つがあります。

では順番に説明していきます。

 

低血糖による体の冷え

砂糖を食べると、血糖値が急激に高くなります。

すると、すい臓から『インスリン』という血糖値を下げるホルモンが大量に出ます。

インスリンにより、血糖値が急激に下がります。

これが低血糖状態です。

低血糖から体を守ろうとして、甘いものがほしくなります。

体の中でも副腎から『アドレナリン』というホルモンがでて血糖値をあげようとします。

アドレナリンにより、自律神経が刺激を受けて、血管が収縮します。

そうなると、体の末端に血液がいきにくくなり、冷えの原因になります。

血糖値をあげる食べ物をあげておきますね。

  • 砂糖
  • お菓子全般
  • 菓子パン
  • ジュース
  • 栄養ドリンクなど
  • 麺類
  • ご飯

 

ビタミンB1不足による体の冷え

白砂糖は、サトウキビやテンサイが原料ですが、その絞り汁を煮詰めると黒砂糖になります。

黒砂糖には、ビタミンやミネラルが豊富です。

それを精製して糖だけを取り出したのが、白砂糖なんです。

だから、砂糖は糖の塊です。

これが、体に入るとエネルギー源になるためにビタミンB1が使われます。

たくさん体に砂糖が入ってくると、たくさんのビタミンB1が使われていきます。

ビタミンB1が足りなくなると、糖の代謝ができなくなり、熱やエネルギーをつくれなくなります。

そうなると体は冷えていきます。

 

自律神経の乱れによる冷え

甘いものの代表的なものは、白砂糖ですよね!

砂糖の主成分は、ショ糖です。

ショ糖=ブドウ糖+果糖です。

【ブドウ糖】

ブドウ糖は、胃腸で消化されエネルギー源になります。

炭水化物(ご飯やパン)も分解されると、ブドウ糖になりますね!

【果糖】

果糖は、肝臓へ運ばれて分解されます。

果糖は果物に含まれますね!

という感じで体で分解される場所が違いますね!

 

不妊症の女性を見ていると、胃の不調をかかえる方がとっても多いです。

胃に負担がかかると、一番下の臓器である子宮への圧迫も増えていきます。

また、肝臓に負担がかかると、女性ホルモンバランスが乱れてきます。

こういう内臓疲労やホルモンバランスの乱れから自律神経のバランスを悪くします。

その結果体が冷えてしまうんです。

 

甘いものがよくない理由2)腸内環境悪化に繋がるから

甘いものを食べると、腸内環境が悪くなります。

悪玉菌が優位に働きだします。

その結果、便秘になったり、肩こりになったりします。

腸って排せつ物を出すデトックス作用があるんですが、排せつできず、体に不要なものがたまります。

その結果、汚れた血液が子宮にいくんです。。。

もっと詳しく腸内環境に知りたい方は、肩こりも便秘も頭痛もない健康体の秘密は腸内環境参考にされてください。

 

甘いものを無理なく減らしていく方法

『甘いものがないと私死んでしまう』

と思っている方に向けて、甘いものを減らしていく方法をお伝えします。

コツは、しばらく我慢しみて、その後食べたときの味覚を感じるということです。

 

まずは、2~3日我慢します。

それか、この記事を読んでもっと我慢できる人は我慢してください。

そして、我慢出来たらご褒美で甘いものをとってください!

ここで感じてほしいポイントは、

  • 甘いものってこんなに甘かったのか~
  • なんかこの甘さ違和感あるな~
  • もうこれ1個でいいやとこれ以上必要がないと感じている自分に気づく

という感じで、今まで我慢していて、いざ食べてみると砂糖の甘味に違和感を感じるんです。

これに気づきだすと、甘いものを特別ほしくなくなるんです。

逆に我慢しすぎると、ストレスになり反動で食べ過ぎてしまいます。

 

という感じで、我慢ばかりするのではなく、頑張った自分にご褒美として週に一回とか、月に一回とかケーキを食べたらいいと思います。

それを繰り返していくと、甘いものをやめていけますよ!!

これも、私が体験したことや、不妊症のお客さんの断糖生活でうまく言った事例なのでぜひ参考にしてください。

▼甘いものをなくしていくと、こんな変化があるので参考にしてみてください。

  • 寝起きが楽になる
  • 疲れにくくなる
  • イライラしない
  • 肩こりなどの不調が楽になる
  • 体重が落ちてくる
  • 肌の調子がよくなってくる

などです(^_-)-☆

 

まとめ

今日は、甘いものの食べすぎが不妊症の原因なのか?

ということに対して、

  • 甘いものの食べすぎが不妊症の原因と考えられる理由
  • 甘いものを減らしていく方法

この2点についてお伝えしました。

ぜひ、甘いものを減らして健康的なカラダ作りをしていきましょう。

 

妊活の方限定で11月から勉強会をする予定です。

目的はご主人さんの体のケアができるようになることです。
できれば、10月末までにline@からご連絡ください。

詳しくは、【妊活勉強会開催】旦那さんの体が気になる不妊症でお悩みのご夫婦へをお読みください。

 

 

性専用リハサロンFielの妊活フルサポート整体

体の歪みを整え、食生活・私生活から体質改善をはかり、
授かる力、産む力を高める妊活フルサポート

生理痛緩和・生理周期改善・腰痛肩こりなどの症状緩和・精神的な落ち込みの緩和・
性交の悩み解決など、妊活の不安・不満が解消され、心と体が安定します。
心と体の安定は妊娠力UPに繋がります。

【妊活力の高まり方(例)】
1か月目:頭痛や生理痛などの症状が緩和する

2か月目:肩こりがなくなる・PMSがなくなる・妊活ストレスが緩和

3か月目:妊活しなきゃというストレスから解放される・人生を楽しく過ごす

このように、ひとつひとつ症状が改善されると、自然と妊娠力が高まります。
あなたの症状に合わせた改善策をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください!

問い合わせ・ご質問はこちらからどうぞ

LINE@でも相談できます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
熊本市東区で体の歪みを治して、妊娠しやすい体づくりをしている女性整体師の上見あすかです。 楽しく妊活するっということがモットーです。 そして、将来生まれてくる子どもたちが自分らしく生き生き育つ未来を応援しています!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です